エキストラヴァージンオリーブオイルは、オリーブオイルの中でも最高品質を誇るオイルです。

5,000円以上ご購入で送料当社負担!

化粧品がお肌に合わない場合は返品OK!

お電話でもご注文OK!
午前9:00〜午後6:00(※日曜日を除く)

0120-37-8807

食用オリーブオイルをもっと楽しもう

味・香りともに最高クラスの証!
エキストラヴァージンオリーブオイルって何?

  • LINE
  • シェアする

普段からオリーブオイルになじみのない方でも、
「エキストラヴァージンオリーブオイル」という言葉は耳にしたことがあるかと思います。
何となく、「最近流行のオイル」という印象をお持ちの方も多いかもしれません。
ではエキストラヴァージンオリーブオイルとはいったいどういったオイルなのでしょうか?

オリーブオイルの種類

オリーブオイルと一言で言っても、酸度や製造方法の違いで細かく分類されます。その中でもエキストラヴァージンオリーブオイルは最高品質を誇るオイルです。

国際オリーブオイル協会(IOC)が定めたところによると、オリーブオイルはまず、この3つに分類されます。

①ヴァージンオリーブオイル
原料はオリーブ果実のみで、化学的な処理を施したり高熱を加えたりしないもの
②精製オリーブオイル
ランパンテヴァージンオリーブオイルなどを精製(脱酸・脱臭・脱色などの処理)したもので、酸度が0.3%以下のもの
③オリーブオイル(日本ではピュアオリーブオイルと呼ばれる)
精製オリーブオイルにヴァージンオリーブオイル(ランパンテヴァージンオリーブオイルを除く)をブレンドした、酸度が1%以下のもの

そして、①のヴァージンオリーブオイルはさらに4階級に分けられます。

●エキストラヴァージンオリーブオイル
風味・香りともに完全で、酸度が0.8%以下のもの
●ヴァージンオリーブオイル
風味・香りともに完全で、酸度が2%以下のもの
●オーディナリーヴァージンオリーブオイル
風味・香りともに良好であり、酸度が3.3%以下のもの
●ランパンテヴァージンオリーブオイル
風味に難があり、酸度が3.3%を超えるもの

このうち、オーディナリーヴァージンオリーブオイルは食用として販売する場合、その国の基準(日本ではJAS)を満たしている必要があります。ランパンテヴァージンオリーブオイルとなると食用にはできない(IOC規定による)ため、精製するか工業用油の原料にするオイルになります。
エキストラヴァージンオリーブオイルはすべてのオリーブオイルの中で味・香りがもっともよく、酸度が低い(0.8%以下)最高の品質を誇るオリーブオイルなのです。

オリーブオイルの品質を決める「酸度」とは

では、オリーブオイルの品質を左右する「酸度」とは、何をさすのでしょうか。
ここでいう酸度とは、遊離脂肪酸の含まれる度合いのことです。オリーブオイルなどの油脂の主成分であるトリアシルグリセロールは通常、グリセリンと脂肪酸が結合した形で存在します。しかし油脂中には、グリセリンと結びつかない「遊離脂肪酸」が含まれることがあります。酸化しやすい性質を持つ遊離脂肪酸が多いほど酸度は高くなり、品質は下がるといわれています。
オリーブオイルの酸度が高まる原因としては、収穫から製造の工程における実の熟成度やキズの有無、貯蔵時間などが挙げられます。
ちなみに、エキストラヴァージンオリーブオイル(酸度0.8%以下)と精製オリーブオイル(酸度0.3%以下)の酸度を見てわかるように、オリーブオイルは酸度が低ければ「=美味しい」と評価されるわけではありません。エキストラヴァージンオリーブオイルより酸度の低い精製オリーブオイルは、化学処理によって酸度を抑えた無色透明・無臭のオリーブオイルですので、どうしても風味に乏しくなるのです。

本物のエキストラヴァージンオリーブオイル
を見極める6つのポイント

本物のエキストラヴァージンオリーブオイルを選ぶためには、チェックすべき6つのポイントがあります。

1.酸度が0.8%以下であること
国際オリーブ協会(IOC)が定めたエキストラヴァージンオリーブオイルの基準を満たしていることを確認しましょう。
2.オーガニック認定を受けていること
化学肥料や農薬を使わずに生産した製品には、オーガニックであることを証明するためのマークがついています。
3.低温圧搾製法でつくられていること
高温で処理を施したオイルは栄養成分がほとんど残っていません。また、トランス脂肪酸が発生する場合もありますので、低温圧搾(コールドプレス)製法でつくられたものを選びましょう。
4.IGP、DOPラベルがあること
<IGP(地理的表示保護)>や<DOP(原産地名称保護)>が記されているオリーブオイルは、自社生産、自社瓶詰めされているものです。
5.光を通さない容器に入っていること
遮光瓶や缶など、光や酸化の原因となる酸素を通さない容器に入ったものを選びましょう。
6.大容量かつ安価でないこと
目安としては、1mlあたり3円以上の価格帯のものを選ぶのがポイントです。安いものは大量生産されている可能性があり、世界基準の品質に達していないと考えられます。

オリーブオイルを購入する際は、上記の項目をよく確認し、高品質で美味しいエキストラヴァージンオリーブオイルを選びましょう。

オリーヴの森の食用オリーブオイル

  • 国産(小豆島)オリーブ

    エキストラヴァージン
    オリーブオイル
    シルバーラベル

    バランスのとれたオイルの風味を味わえる逸品

    100%小豆島産のエキストラバージンオリーブオイルを厳選してブレンドしています。

  • オーストラリア産オリーブ

    オリーブオイル
    ソムリエセレクション

    爽やかに香るオリーブの香り

    厳選したオーストラリア産オリーブのエキストラヴァージンオリーブオイル。フレッシュな風味と香り、深いコクとほどよい辛みをお楽しみください。

  • オーストラリア産オリーブ

    オリーブオイル
    ソムリエセレクション
    レモンオリーブオイル

    レモンがまるごと入っているようなオリーブオイル

    有機栽培のフレッシュなレモンとオリーブの実を一緒に圧搾し、遠心分離器にかけて、水分をとばし濃厚なレモンのエキスとオリーブオイルだけを残しました。

  • フランス産オリーブ

    オリーブオイル
    ソムリエセレクション

    フランス産ならではの香り高いオリーブオイル

    果実の一番搾りであるエキストラヴァージンオリーブオイルは、最も香りが楽しめるオイルです。

オリーブオイルをもっと楽しもう

オリーブオイルの産地は、日本では小豆島が有名ですが、スペイン、イタリア、フランス、ギリシャなど、世界各国に存在します。ここでは、パスタやパンにかけるだけではない、味や香り豊かなオリーブオイルの楽しみ方をお教えします。これを読めば、オリーブオイルをもっと身近に感じられるかも。

オリーブの里「小豆島」からお届け!
オリーヴの森のオリーブオイル化粧品/商品

オリーブオイルを使ったレシピ集

とっても簡単で、とってもおいしい!
オリーブオイルのひと手間が加われば、いつものお料理が少し違った新しい味わいに変化。毎日の献立に取り入れてほしい、オリーブオイルを使ったお料理レシピを、香川県・小豆島からお届けします。

今月のキャンペーン トライアルセット ショッピングガイド
初めてオリーブオイル美容をお考えの方へ まずは気軽に気軽にお試し5点セット

オリーブオイル美容が初めての方へ

まずは気軽にお試し5点セット

カート内の小計
0商品
0(税込)
買い物カゴを見る
(ご購入のお手続きへ)