日本のオリーブの起源と歴史について探ってみましょう。

お電話でもご注文OK!
午前9:00〜午後6:00(※日曜日を除く)

0120-37-8807

10,000円以上ご購入で送料当社負担!

化粧品がお肌に合わない場合は返品OK!

オリーブ大事典 - オリーブの起源と歴史

日本のオリーブ・歴史

  • LINE
  • シェアする

日本に最初に持ち込まれた「オリーブ」はオリーブの実とオイルでした。約400年前の安土桃山時代のことです。オリーブの樹が最初に日本にやってきたのは江戸時代末期。その後、明治時代になって本格的な栽培が始まり、幾多の困難を乗り越えてオリーブは日本の地に根付きました。

スタッフ一押しアイテムはこちら!

ジ・オリーヴオイル(小豆島産)

抗シワ認定済!天然100%のオリーブオイル

日本におけるオリーブの起源

安土桃山時代、日本にオリーブを持ち込んだのはキリスト教の宣教師でした。1594(文禄3)年、宣教師から豊臣秀吉への進物にオリーブの実1樽があったと言われています。また同時期にポルトガルの宣教師によってオリーブオイルが持ち込まれ、ポルトガルの油がなまって「ホルトの油」と呼ばれていました。
オリーブの樹が最初に日本の地に植えられたのは、江戸時代末期のことです。1862年(文久2年)頃、医師の林洞海がフランスから輸入した苗木を横須賀に植えたとされています。
その後、1879年(明治12年)には神戸の温帯植物試験所でフランス産オリーブの栽培に成功し、翌年には実が収穫されました。そこで、初の日本製オイルや果実加工品がつくられました。これは試験栽培に留まったものの、日本におけるオリーブ栽培の第一歩だったと言えるでしょう。

オリーブ栽培の歴史

オリーブの栽培が本格化したのは1908年(明治41年)のことです。日露戦争に勝利した日本政府は、北方漁場の海産物を保存する方法として、オリーブオイルを使用したオイル漬けに着目しました。
国内でオリーブオイルを生産するために、当時の農商務省がアメリカ産オリーブの試験栽培を開始。栽培地として指定したのは香川・三重・鹿児島の3県です。その中で、香川県の小豆島のみが栽培に成功し、1911年(明治44年)には74㎏の実を収穫することができました。小豆島の気候が地中海沿岸とよく似ていたこともありますが、技師たちのたゆまぬ努力が実を結んだのです。3年後にはオリーブ栽培が島全体に普及し、現在に続く経済栽培の礎が築かれました。
しかし栽培においては様々な苦労があり、台風による倒木や日本固有の害虫であるオリーブアナアキゾウムシの被害に悩ませられるなど、問題は多々ありました。加工技術も情報源が海外にしかなく、自分たちで模索しなければならないことも多かったようです。
こうした苦労を乗り越えながら、徐々にオリーブの生産量を増加させて、オリーブは小豆島の名産品として広く知られるようになりました。
現在の主要産地は小豆島のほかに、岡山県の牛窓がありますが、小豆島が国内生産の9割以上を占めています。

オリーブの加工品

日本におけるオリーブ加工品はオリーブオイルとオリーブの実の塩漬けから始まりました。後に、オリーブオイルは髪油や美容オイルなど、高級化粧品の材料にもなっています。1955年(昭和30年)頃には肌になじみやすいオリーブオイルの美容オイルがブームになりました。
その他、オリーブの果実を使ったペースト、ジャム、オイルを使った各種調味料などが数多くあります。葉も様々な用途に使われており、抗酸化作用のある葉のエキスを使ったサプリメントやお茶、健康酒、葉の粉末を練りこんだお菓子などが開発されています。またオリーブ木材を使った箸や印鑑などの製品もあります。

オリーヴの森が取り扱うオリーブ加工品

  • 食用オリーブオイル

    オリーブオイルソムリエが選んだ、身体によくて美味しいオリーブオイル。パスタやマリネといった定番のイタリアン料理や、和食にも合います。ぜひ味わってみてください。

  • オリーブの新漬け

    日本人になじみ深いあっさりとした塩漬けで、食べやすいのが人気の秘密。フレッシュなオリーブの味が楽しめると、毎年好評をいただいています。

  • オリーブオイル
    ジェラート

    「オリーヴオイルソムリエセレクション 」シリーズの高品質なオリーブオイルを練り込むことにより、驚くほどなめらかでとろけるような食感のジェラートができあがりました。

  • オリーブ木の雑貨

    切り出す位置によって、ふたつと同じ表情を持たないオリーブ樹の雑貨。ぬくもりと素朴さと、どこかおしゃれな風合いがオリーブ雑貨の魅力です。

スタッフ一押しアイテムはこちら!

ジ・オリーヴオイル(小豆島産)

抗シワ認定済!天然100%のオリーブオイル

オリーブ大事典

今月のWebキャンペーン お試し用ミニサイズ ショッピングガイド

小豆島のオリーブ農園・オリーヴの森のこと

オリーヴの森は、瀬戸内海の播磨灘に浮かぶ小豆島(香川県)の農園です。現在、農園では約2,400本のオリーブの樹を栽培。農園の一画には、スペインのアンダルシアからやって来た「樹齢千年のオリーヴ大樹」が鎮座し、春夏秋冬を通じて小豆島の観光名所となっています。

初めてオリーブオイル美容をお考えの方へ まずは気軽にお試し用ミニサイズ
人気No.1

天然
100%

小豆島産美容オイル
お試し用ミニサイズ

カート内の小計
0商品
0(税込)
買い物カゴを見る
(ご購入のお手続きへ)