イタリアはスペインやギリシャと並ぶオリーブオイル大国です。

お電話でもご注文OK!
午前9:00〜午後6:00(※日曜日を除く)

0120-37-8807

10,000円以上ご購入で送料当社負担!

化粧品がお肌に合わない場合は返品OK!

オリーブ大事典 - オリーブオイル

イタリアの
オリーブオイル

  • LINE
  • シェアする

イタリアでは各地域で様々なオリーブオイルがつくられています。風味のバリエーションが豊富なのがイタリア産オリーブオイルの特長。起伏に富んだ土地であるため大量生産はしていませんが、積極的に最新の技術を導入しており、品質にこだわっています。

イタリアの
オリーブオイル産業の特長

イタリアで生産されているオリーブオイルは年間40万トン~60万トンです。近年、飛躍的に生産量を増加させたスペインには及びませんが、搾油所はスペインの3倍近くあると言われています。
イタリアは多くの都市国家が集まってできた国。古くから都市によって異なる食文化が確立していました。当然、オリーブオイルにもその土地の個性が表れます。それぞれの土地にあった品種が栽培され、栽培と一緒に搾油も行っているところがほとんどです。搾油所の数の多さは、中・小規模の生産者が多いことを示しています。

オリーブオイルの生産が最も盛んな南部プーリア州では、フルーティな風味と香りを味わえるオイルが多くつくられています。中部のトスカーナ州のオリーブオイルは、ピリッとしたほどよい辛味が特長。北部のリグーリア州では軽やかな香りとマイルドな味わいのオリーブオイルが主流です。
またイタリアはEU統一基準のD.O.P(原産地保護呼称)を採用しています。これは指定した地域で栽培から収穫、ボトリングまで行っている製品につけられる表示。その土地ならではの品種を守り、品質の高さを追求している生産者が多いと言えるでしょう。
イタリアのオリーブオイル輸出量は年間20万トン以上になります。日本に輸入されているオリーブオイルの6割はイタリア産であり、日本人にとってもなじみ深いオリーブオイルです。
(参考:IOCウェブサイト http://www.internationaloliveoil.org/

オリーブ大事典

今月のWebキャンペーン お試し用ミニサイズ ショッピングガイド

小豆島のオリーブ農園・オリーヴの森のこと

オリーヴの森は、瀬戸内海の播磨灘に浮かぶ小豆島(香川県)の農園です。現在、農園では約2,400本のオリーブの樹を栽培。農園の一画には、スペインのアンダルシアからやって来た「樹齢千年のオリーヴ大樹」が鎮座し、春夏秋冬を通じて小豆島の観光名所となっています。

初めてオリーブオイル美容をお考えの方へ まずは気軽にお試し用ミニサイズ
人気No.1

天然
100%

小豆島産美容オイル
お試し用ミニサイズ

カート内の小計
0商品
0(税込)
買い物カゴを見る
(ご購入のお手続きへ)